今年の夏休み、平生町社会福祉協議会では、十代のみなさんへ、ぜひ聞いていただきたいお話を3日間の講演会として開催します。
 3人の講師の方々が、これまで経験してこられたことや日頃考えていらっしゃることなどを、みなさんへ『今、伝えておきたいメッセージ』としてお話されます。
 夏休みの3日間、みなさんが経験したことがないような、貴重なお話しを聞いてみませんか?
【第1回】8月10日(金)10:00〜12:00
『私の少年時代』
 講師がみなさんと同じ十代の頃、世の中は戦争中でした。
 15歳のころ学徒として動員された時のご経験や、昔、平生にあった『回天』の基地についてお話いただきます。
講師内山 勝憲 氏(阿多田交流館調査員)
【第2回】8月17日(金)10:00〜12:00
 肩の力を抜き、夢を持って、毎日を楽しめるような、そんなヒントがお話の中にはつまっています。
講師:西村 秀明(宇部フロンティア大学教授)
【第3回】8月18日(土)10:00〜12:00
 幼い頃の事故が原因で、目が見えなくなってしまわれた講師が、障がいの有無に関係なく、人が生きていくうえで大切なこと、やさしさ、ふれあいについてあたたかく語ってくださいます。
講師:中村 実枝 氏(山口県立大学非常勤講師)
※8月10日(金)、17日(金)は講座終了後、あいあむカレー(1食 300円〜)の販売も行っています。
※8月18日(土)は、24時間テレビ「愛は地球を救う」協賛事業『あいあむフェスタ』を開催しています。

【対象者】町内在住小学4年生から中学3年生(保護者の方も受講できます)
【場 所】ふれあいまちづくりセンター(あいあむ)⇒地図
【申込み】平生町社会福祉協議会 рT6−8000(担当:岩政)
【締切り】7月31日(火)

Copyright(C)2007 平生町社会福祉協議会 All Right Reserved.