活動紹介 内容 利用料金
ランチサービス 一人暮らしのおとしより、またはおとしよりのみの世帯で調理を困難とされる方に週6回昼食をお配りしています。必要に応じ、キザミ食等もお届けできます。 500円
在宅介護用品の貸与
リース料給付
介護保険制度の福祉用具貸与事業や他の制度に該当しない介護用品のリース料の一部を給付します。また、車いす等についても貸し出しができる場合があります。
所得税に応じて  6,000円〜12,000円
もしもしサービス 希望の日の決まった時間に電話で安否を確認します。 1ヶ月
200円
もの忘れ相談 毎月第3金曜日の午後1時30分から午後3時まで、ふれあいまちづくりセンターにて開設しており、もの忘れに関するご相談をお受けしています。
児童デイサービス事業 何らかの障がいなどをお持ちの18歳未満の方に対して、日中、デイサービスセンターにおいて、食事・入浴サービスなどを提供します。
宅老所
「ひらお・みんなの家」
の運営
何らかの理由により、家庭での介護や他のサービスの利用が困難な方に対して、家庭らしい雰囲気の家屋でお過ごしいただくものです。
地域福祉権利擁護事業 何らかの障がいにより判断能力が十分でない方々が、地域で安心していきいきと暮らしていただけるよう、福祉サービスの利用援助等を行っています。 1回
(1時間程度)
1,870円
まちかど介護相談員 介護経験のある3名のみなさまが、介護に関する不安や悩みなどについて、話を聞いたり、相談に応じるなどの活動を行っています。


活動紹介 内容
いきいきサロン “歩いていける場所で”気楽“に気の合う仲間”が集まって談話などを楽しむもので、現在30グループ360名の方が活動されています。
年越しそば配食
配食ボランティアを募り、12月31日に年末年始をおとしよりのみで過ごされる世帯に年越しそばをお配りしています。
福祉の輪づくり運動 民生委員・児童委員さん、ふれあい推進員さん(社協より委嘱)が担当地区内でひとり暮らしのおとしよりなどを見守る活動です。町内6地区(宇佐木・竪ヶ浜・平生町、村、大野、曽根、佐賀)で推進委員会が結成されています。
ふれあい給食サービス 月1回、町内2地区で調理ボランティアのみなさんがお弁当を作られ、民生委員、児童委員さんや配食ボランティアの方々が70歳以上のひとり暮らしのおとしよりなどに配られています。
ひらお安心
ネットワーク

イメージ図
その1その3
その4その5
その1・・・新聞配達をされる方々に、配達先での異常を社協にお知らせいただくもので、行政や警察などの連携による見守りのシステムです。
その3・・・もの忘れのある方などが行方不明になった際、近隣の方々と連携を取ってお捜しします。
その4・・・遠隔地にお住いのご家族と協力し、定期的な安否確認や、連絡がとれない際の状況確認を行います。
その5・・・商店等を営む業者の皆さま(協力店)が、業務の中で高齢者等から相談事等を聞かれた際に、相談窓口を紹介いただくことにより、問題の予防・早期解決に向けた支援につなげていきます。


活動紹介 内容
十代の君たちへ 小4から18歳までの青少年を対象にした福祉講座です。
ひらおの歴史や、ご自身の体験など十代のみなさんへ今伝えたいメッセージを講師にお話ししていただきます。
高齢者筋力向上
トレーニング
おおむね60歳以上で、運動機能の低下に不安をお持ちの方を対象に、約3ヶ月間のトレーニングを実施しています。約3ヶ月間のトレーニングを修了された方に関しても継続的な参加も受付けています。
300円/1回
社協だより 社協だより(年6回)、事務局通信(月1回)を発行しています。その他、町広報などにも情報を随時掲載しています。
ボランティアグループ
連絡協議会

平生町ボランティアグループ連絡協議会はボランティアグループの親睦、交流と資質の向上を図るとともに仲間づくりの輪を広げ、住民福祉の増進に寄与することを目的に、平成5年3月に設立され、現在23グループで構成されています。事務局を、平生町社会福祉協議会内においておられ、研修会、交流会等におけるお手伝いをさせていただいています。
ボランティア協力校
(町社協指定)
の活動支援
町社協ボランティア協力校指定ということで、平成12年より町内小・中・高校の4校に指定させていただいています。
〜24時間テレビ〜
「愛は地球を救う」
の募金活動への協力
24時間テレビ「愛は地球を救う」の協賛事業を実施しています。本会でも、これまでにリフト付バス等寄贈いただき、デイサービスなどにおいて、お客様の送迎等に使用させていただいています。
点訳広報ひらお
テープ広報ひらお
の配布
毎月発行される町報「広報ひらお」を、点訳ボランティアグループ「てんとうむし」の皆さんが「点訳広報ひらお」を、朗読ボランティアグループ「つゆくさ」の皆さんが「テープ広報ひらお」を毎月出されています。本会では、町内の目のご不自由な方や、ご希望される方にお届けしています。
地域福祉セミナー
の開催
各地区において、それぞれの実情に応じた福祉の輪づくり運動に取組んでおられる推進員の皆さんが一同に会し、聴講や情報交換等を行う研修の場を通じて、より充実した活動が展開されることを目的に開催しています。
住民福祉講座
の開催
だれもが安心して暮らせる平生町で、皆さんと一緒に考えていくきっかけとなるようテーマを考えて実施しています。
福祉教育連絡会
の実施
町内小・中・高の校長先生、平生町ボランティアグループ連絡協議会会長、教育長、健康福祉課長にお集まりいただいて、平生町ボランティアグループ連絡協議会や本会の社会資源の活用や連絡調整の場として、平成7年度より、実施しています。


このページのトップへ

Copyright(C)2007 平生町社会福祉協議会 All Right Reserved.